コマクサの保育

幼児期に、仲間と共に、好きなあそびをみつけ、笑ったり、泣いたり、怒ったり…でも、また笑い、共に喜びあったり…仲間といることが心地いいなぁ、楽しいなぁと感じあいたい。

コマクサ幼稚園の保育は、その年齢にふさわしいあそびや生活をたっぷりと仲間と共に体験することを大事に考えています。

それは人として生きていくための能力や知恵、生きていくための根になる部分でもあります。その根を幼児期にしっかりと育むことが大切です。

そして、子どもも親も先生たちも、コマクサ幼稚園にかかわる人たちが、心地いいなぁと感じられる園でありたいと思っています。

子どもは、ありのままの自分を受け入れてくれた人へ、自分の思いをだしていきます。一緒に共感してくれる仲間や大人がいることが、生きていく力になるのです。

この大切な幼児期に、仲間の中で人として生きる力を、みなさんと一緒に育んでいきたいと思います。

コマクサ幼稚園
園長 藤野 由実